とある司法書士の戯れ言

KIKURINGの司法書士ライフと日常

所有者不明土地問題

共同人名票

現在手がけている所有者不明土地の相続人調査で、コンピュータ化移記前の閉鎖登記簿謄本を取得したところ、共有者が5名以上だったこともあり共同人名票もあるようでした。 共同人名票とは、各区原則として権利者が5名以上いる場合は登記簿の一部として添付…

所有者不明土地の相続人調査の進捗状況

昨年末より所有者不明土地の相続人調査を手がけています。地元本局とやりとりをしながら進めていますが、3月中旬の締切までにどの程度完了するかは分かりません。 旧相続法の知識も必要になるケースがほとんどで、登記名義人が隠居した場合の不動産取得時期…

所有者不明の土地でも売却可能に?

昨日のニュースの中に、法務省が「所有者不明の土地も売却可能にする制度」の創設を柱とした新たな法案を通常国会に提出するとのニュースがありました。 具体的には氏名や住所が正しく登記されていない所有者不明の「変則型登記」の土地につき、登記官に調査…

所有者不明土地問題への取組み

11月15日に所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法の一部が施行されたのに伴い、所有者不明土地問題への本格的な取組みが始まりました。 そして、先月あたりから全国で長期相続登記等未了土地解消作業の委託の話があったかと思います。この件…

所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法の一部が11月15日に施行

所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法ですが、15日に一部が施行されることになりました。11月15日に施行されるのは下記の規定になります。 1.所有者の探索を合理化する仕組み(土地所有者等関連情報の利用及び提供・特定登記未了土地の…