とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

登記業務

法務局への照会

登記案件で、書籍などを調べても明確な根拠が見当たらない場合や、レアな事例、マニアックな事例については法務局に事前照会をかけることが多いと思います。 ウチの地元管内では、書面で照会することになるので、照会書に案件に関する登記事項証明書や図面な…

登記簿上の所有者が50年以上前に亡くなった土地の相続登記

今週、依頼をいただいた相続登記で登記簿上の所有者が50年以上前に亡くなった土地の相続登記があります。言い方を変えればいわゆる「所有者等不明土地」に該当する可能性が高い土地であります。 当初はどうすればいいか頭を抱えてましたが、依頼者に登記簿…

遺産分割協議書への署名押印後に死亡した相続人

先日、ある方から「遺産分割協議書に署名押印後に死亡した相続人がおり、印鑑証明書を添付できないのでどうすればいいか」につき相談がありました。この場合は、遺産分割協議は成立しているので改めて遺産分割協議を行う必要はありません。 死亡した相続人の…

評価額が10万円以下の市街化区域外の土地

現在、市街化区域外で固定資産評価額が10万円以下の土地の相続登記については租税特別措置法第84条の2の3第2項により非課税になります。さて、固定資産評価額は20万円で被相続人の持分が2分の1である市街化区域外の土地の相続登記についてはどう…

役員の氏名更正と氏名変更&役員変更

今日依頼があった株式会社(取締役会設置会社)の役員変更登記ですが、取締役の1人につき登記簿上の氏名が間違っている上に結婚により名字が変わっていました。その方は重任となります。 ☆具体例 1.登記簿:取締役甲野花江(正しくは甲野花恵) ↓ 2.平…

定款認証時における実質的支配者の確認に必要なもの

11月30日より定款認証時における実質的支配者の申告制度が始まります。さて、実質的支配者の申告の際に必要なものは以下の通りになります。 1.申告書(嘱託人が作成する) 2.実質的支配者の本人確認ができるもの ・自然人:運転免許証の写し、マイナ…

法人の実印の変更

法務局に届け出ている法人の実印を変更する場合には、改印届を管轄法務局もしくは支局、出張所に提出することになります。その際に、改印届の所定欄に届出人の住所、氏名を記入の上実印を押印し、印鑑届出者である代表者個人の印鑑証明書を一緒に提出するこ…

株式会社日本政策金融公庫の担保権の登記

株式会社日本政策金融公庫を担保権者とする担保権設定登記の登録免許税は、債務者が個人の場合は住民票もしくは印鑑証明書、法人の場合は資本金(出資金)が5億円未満であり、かつ、作成後1ヵ月以内の登記事項証明書を添付または会社法人等番号を提供すれ…

アクセス登記所における登記申請書の受付事務の廃止

商業法人登記事務の集中化後、商業法人登記事務のうち審査業務を行わなくなった登記所に誤って商業法人登記申請書の提出があった場合は、適宜、管轄登記所に回付していたそうですが、この取扱いは平成31年(2019年)3月1日より廃止されます。よって…

面識がある方の本人確認情報の記載内容

登記申請するにあたり、権利証(登記識別情報)がない場合、本人確認情報を添付して申請することがあると思います。面識がある方とする要件は以下のとおりです。 1.今回の登記申請の3ヶ月以上前に、資格者代理人として本人確認情報を提供して登記の申請を…

合資会社の有限責任社員が死亡した場合

先日、このような合資会社に関する相談を受けました。 (具体例) 商号:合資会社A 社員:無限責任社員X、有限責任社員Y 定款:「社員が死亡した場合、その相続人が入社する」旨の定めなし。 このような合資会社において有限責任社員Yが死亡し、無限責任…

土地の相続による所有権移転登記の免税措置について・3

土地の相続(相続人への遺贈も含む)による所有権移転登記の免税措置を受けるために必要な書類はありませんが、登記申請書には下記の記載を必ずする必要があります。 1.相続により土地を取得した者が相続登記をせずに亡くなった場合で亡くなった者への相続…

土地の相続による所有権移転登記の免税措置について・2

平成30年11月15日~平成33年3月31日までの間に、市街化区域外の土地で「市町村の行政目的のため相続登記の促進を特に図る必要があるものとして法務大臣が指定する土地」のうち、不動産の価額が10万円以下の土地につき、相続登記及び相続人への…

定款認証時における実質的支配者の申告について

株式会社及び一般社団・財団法人設立の際に定款認証手続をしますが、11月30日から定款認証手続の際に、当該会社もしくは一般社団・財団法人の実質的支配者につき申告することになります。 まず、株式会社については下記の手順で認定するようです。なお、…

マンションの相続と租税特別措置法第84条の2の3第1項

先日、マンションの相続登記の依頼がありました。マンションの登記名義人Aが亡くなった後に登記名義人の配偶者Bが亡くなり、結果的に相続人が依頼者たる子どもCの1人になってしまったので、法定相続分に従って下記の通りに相続登記を進めることになります。…

根抵当権指定債務者の合意の登記は無事に完了

先月末に申請した根抵当権指定債務者の合意の登記ですが無事に完了しました。完了日が債務者が亡くなってから6ヵ月経過する直前だったので、完了後の登記事項証明書を見てホッとしたのは言うまでもありません。また、指定債務者の合意の登記と連件で申請し…

取締役が1名の株式会社の取締役増員

先日、久々に取締役が1名の株式会社の取締役増員による役員変更登記を手がけました。役員構成はこんな感じです。 (例) 取締役A 代表取締役A 今回、取締役としてBを増員することにしました。定款上、取締役の員数規定は3名以内となっており、取締役が…

司法書士による実質的支配者に関する申告

11月30日(金)に公証人法施行規則一部改正により、定款認証における嘱託人は公証人に対し、設立する株式会社の実質的支配者になるべき者につき申告することになります。定款認証の嘱託人は、公証人の目の前で嘱託する者と考えられているようです。 1.…

遺産分割協議書に署名押印後に相続人が亡くなった場合

被相続人Aの遺産をBが相続する旨の遺産分割協議書に相続人全員(B、C、D)が署名し実印を押印後、相続人の1人たるCが亡くなった場合はどうすればいいでしょう。 この場合、遺産分割協議自体は既に成立しているので亡くなった相続人Cを含む相続人全員…

未登記建物の取扱い

ここのところ、相続や決済案件で未登記建物が遺産分割協議書や売買契約書に記載されているケースがあります。土地や登記されている建物については、相続や売買などによる所有権移転登記申請がされると、法務局から市町村役場に登記がされた旨が通知されるよ…

所有権登記名義人住所更正登記に必要な書類

先日、決済がらみの件で売主さんの登記簿上の住所が明らかに誤っているケースがありました。今回は法務局の記載ミスではなかったので、所有権登記名義人住所更正登記を申請することになりました。 所有権登記名義人住所更正登記に必要な書類は、だいたいこん…

役員の任期管理

ウチの事務所では税理士さん経由で役員変更登記の依頼がくるので、役員の任期管理は税理士さんにお任せしているところがほとんどです。 ただ、税理士さんを経由せずにウチに直接役員変更登記の依頼をするところもあります。こういった会社については、役員変…

指定債務者の合意の登記はギリギリに

現在、手がけている根抵当権の指定債務者の合意の登記の件は、債務者が亡くなってから半年経過直前に申請となりそうです。万が一、取り下げになってしまうとマズイ状況になってしまうので、根抵当権者たる金融機関及び依頼者からいただく書類のチェックをい…

相続登記の必要性

ここのところ、相続登記の相談や依頼が毎週のようにあります。空き家問題や所有者等不明土地問題で相続登記がされていないことが取り上げられます。 相続登記がされていない土地や建物については、相続人が誰も欲しがらないので登記せずに放置しているケース…

相続登記の錯誤抹消登記は無事完了

先週申請した相続登記の錯誤抹消登記は本日無事に完了しました。登記簿上、履歴が残ってしまいますが抹消されているのも明らかなので、とりあえずひと安心です。今回抹消した分については、後日、改めて遺産分割協議を行うことになりました。 ちなみに、今回…

定款認証時における実質的支配者の確認

株式会社もしくは一般社団・財団法人設立の際に、公証人による定款認証を受けることになります。 公証人法施行規則の改正により、11月30日より、定款認証時に公証人による当該会社・法人の実質的支配者の確認が行われることになりました。 国内外におい…

相続から始まった登記案件

今年のGW前から、このような案件を手がけています。 1.根抵当権設定(債務者兼設定者:X) ↓ 2.X死亡による相続登記(相続人:Y) ↓ 3.抵当権抹消登記 ↓ 4.建物滅失&建物増築による表題変更登記(土地家屋調査士さん) ↓ 5.1で設定した根抵当権に…

休眠会社及び休眠一般法人の整理・2018

今年も12年間登記されていない株式会社及び5年間登記されていない一般社団、財団法人の整理作業が行われます。今年は10月11日に法務大臣の公告が行われ、併せて通知が本店(主たる事務所)所在地に発送されています。 該当する株式会社及び一般社団、…

後見案件からの派生案件無事終了!

先月末に登記申請した後見案件からの派生案件たる相続&贈与による所有権移転登記の件ですが、今日、無事に登記が完了しました。登記事項証明書を取得後、裁判所及び関係者等に報告しました。 相続登記と贈与による所有権移転登記を連件で申請するのは今回が…

法務局における審査手順

法務局に登記申請書を提出するとどのような手順で書類を審査しているのでしょうか。初めて手がける案件や複雑な案件で登記がなかなか完了しないときはこちらから進捗状況を確認することがあります。結果、登記申請から完了までの手順はこんな感じかなと思い…