とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

最近のニュースから・2018年初夏

 ここのところ、政界だけでなくスポーツ界で衝撃的なニュースがありましたね。政界では某学園との問題が取りざたされており、スポーツ界では某大学のアメフト部が批判の的になっています。

 

 政界については、与党の問題行動を野党が厳しく追及している格好になってますが、追求するネタ元が週刊誌の記事がほとんどだと思うのはワシだけではないはずです。野党が独自に情報を掴んだ上で、今後のあるべき姿について検討しているかどうかについては疑問ですね。単に批判するだけなので、心に響いてこないですし。

 

 そんなことをやっている間に、与党サイドで労働法制の改正法案が、国民が気付かないうちに国会で承認可決されたり、憲法改正の話が一気に進んだり…なんてこともあり得ますね。少なくとも現在の与党が転けても今の野党には政権を任せたくないですね。

 

 スポーツ界では某大学のアメフト部の問題が取りざたされてます。事が起きた後、責任逃れの発言を続けた黒幕とされる方々には然るべき処分が下されるのは当然のことだと思います。まあ、黒幕とされた方々の発言と今の政権与党の某大臣やトップの発言が同じように聞こえてくるのも、今の世の中を象徴しているかもしれませんね。

 

 今月からサッカーロシアW杯が始まります。直前になって監督を解任した上に先日の親善試合で完敗するなど未だに混乱状態の日本代表です。監督解任の経緯には疑問が残りますし、見えない力が働いたんじゃないかと思うところもあります。まあ、ここまできたら結果はともかくロシアの地で心にグッとくる試合を1つでも多く見せて欲しいですね。