とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

後見業務は相談する勇気も必要だ

 先月受託した後見案件ですが、被後見人及び後見人の変更登記が完了し後見登記事項証明書を取得しました。ただ、親族後見人さんと権限分掌される形で選任されていますが、どういうわけか親族後見人さんとの接点を持つことができません。

 

 そこで、裁判所には状況報告および立ち回り方につき打ち合わせ&相談した上で、被後見人さんが入院している病院のケースワーカーさんにも相談、そして後見案件を手がけている司法書士さんに相談…という形でいろんな方を巻き込んでしまってます。

 

 ただ、後見案件によっては1人で抱え込んでも問題解決に至らないことが多そうなので、困った時は裁判所及び被後見人さんの関係者、同業者さんに相談した方が良いと思います。今回もいろんな方に相談しているウチに、考えがまとまりアイディアが浮かんだりもしましたね。

 

 正直、1歩進めたいところが半歩しか進んでいない状況ですが、3歩進んで2歩下がるよりは良いと割り切ってます。少しずつでも良いので前進して行ければいいかなと思って臨もうと思います。