とある司法書士の戯れ言

KIKURINGの司法書士ライフと日常

未成年後見人選任申立の準備

 現在手がけている相続のための未成年後見人選任申立の件ですが、未成年の親権者であった養父の預貯金や有価証券の残高証明書を依頼者が取得して下さったので、その写しをいただいた上で相続財産目録をまとめました。そして、残高証明書の原本と相続財産目録については相続税申告を依頼している税理士さんに引き継ぎ、相続税を算出してもらうことにしました。

 

 遺産分割の内容は依頼者サイドで検討してもらうこととし、こちらは申立に必要な書類の仕込みを進めていくことになります。遺産分割の案を作り上げた上で未成年後見人選任申立をしたいと考えているので、相続税がどのくらいかかるかについてもはっきりさせる必要があります。

 

 また、相続に必要な戸籍などを参考にして親族関係図も作成しました。あとは遺産分割の内容が固まれば、申立に向けて一気に前進することになりますね。