とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

所有者不明土地の相続人調査・補正指示

 所有者不明土地の相続人調査の件につき、今日になって補正指示が2件ありました。そのうち1件は、死亡日や相続人の住所を住民票や戸籍附票通りに記載して欲しいとのことでした。

 

 もう1件は、相続人の住所表記については地元県内も含めて県名から記載して欲しいとのことと、被相続人の最後の住所が分からない場合でも項目を設けて欲しいとのことでしたね。

 

 当初の話だといつも作成する相続関係説明図と同じような感じで作成すればいいとのことでしたが、今日の補正指示だと話が変わってきてますね。9月末締めですが、これから締日まで補正指示続きなのではないかという気がします。

宮城&相馬・3

 今回は相馬市と南相馬市には仕事で行ったので観光する時間がありませんでした。ただ、日曜日は南相馬鹿島SAで給油と休憩し、月曜日は相馬市内の道の駅で休憩し南相馬市内のおそば屋さんで昼食を済ませましたね。

 

1.南相馬鹿島SA

f:id:kikuringworld:20190820003245j:plain

 

2.道の駅相馬

f:id:kikuringworld:20190820003455j:plain

 

 仕事が一通り済んだ後は、南相馬ICから常磐道で友部JCTまで行き、友部JCTから北関東道で地元に帰りました。いわき中央ICまで続く対面通行区間はいつも以上に神経を使うので疲れますね。

 

 今回は仕事がらみで行きましたが、次回以降は松川浦や相馬中村城跡に行ってみたいですね。

宮城&相馬・2

 遠回りしてしまったおかげで予定よりも1時間ほど余計にかかってしまい、時間がギリギリになってしまいました。それでも、行きたかった所には行けたので良かったです。

 

1.名取市震災メモリアルパーク

f:id:kikuringworld:20190820001500j:plain

 

2.東日本大震災慰霊碑

f:id:kikuringworld:20190820001631j:plain

 

 ここには2年前にも行きましたが、震災メモリアルパークとしてキレイに整備されてました。また、2年前とは違い、最寄りのインターからほぼ一本道だったのでビックリしました。

 

 その後、いつもお世話になっている先輩に日帰り温泉に案内していただきました。今回は亘理町の鳥の海にある日帰り温泉でしたね。

 

3.荒浜海岸

f:id:kikuringworld:20190820002038j:plain

 

4.晩夏、夕暮れの海

f:id:kikuringworld:20190820002133j:plain

 

 日帰り温泉の後は海鮮レストランで夕食を済ませました。名産のホヤをつまみに生ビールを1杯飲んでホテルに戻りました。お盆休みの最終日に気分転換することができましたね。

 

5.ホテルからの夜景

f:id:kikuringworld:20190820002446j:plain

 

 今回は急な話にも関わらず時間を作って下さったので、先輩には感謝感謝です。ありがとうございます。

宮城&相馬・1

  変則的でありますが、月曜日に山元町及び相馬市、南相馬市で仕事があったためお盆休みの最終日である昨日、現地に前乗りしました。

 

 コメダで朝食を済ませた後、往路は郡山まで東北道で郡山からいわきまで磐越道、いわきから常磐道で宿泊先の仙台に向かいました。あとで振り返ってみるとこのルートはかなり遠回りだったようで、予定よりも約100キロ余計に走ってしまったようです。

 

1.コメダ珈琲店

f:id:kikuringworld:20190820001137j:plain

 

2.那須高原SA

f:id:kikuringworld:20190820000554j:plain

 

3.四ツ倉PA

f:id:kikuringworld:20190820000804j:plain

 

 今回は広野~南相馬間の高線量地域を通過していきました。場所によって放射線量が大きく変わりますね。対面通行だということもあり、いつもよりも慎重に運転したのは言うまでもありません。

前任者からの引き継ぎ

 今月受託した件につき、今日は管轄家庭裁判所で書類の閲覧謄写し、前任の司法書士の先生の事務所で引き継ぎをしてきました。手元にある資料を一通り見た結果、疑問点がいくつも浮かびましたが、今日でだいたいスッキリしました。昨日、前乗りして現地に行きましたが行った甲斐がありましたね。

 

 この件は震災による原発事故など諸問題を孕んでますが、とりあえず、今、優先してやるべきことをピックアップしてやっていくことになります。分からないことがあれば一人で抱え込まずにいろいろな方々に聞いていこうと思います。

 

 あとは「被後見人さんのためになること」を意識してやっていこうと思います。

 

f:id:kikuringworld:20190819235807j:plain

寄附による所有権移転の登記原因証明情報

 今まで何度か「寄附」による所有権移転登記の依頼がきました。一番迷ったのは登記原因証明情報の作成です。さて、どう記載すればいいものかと調べた結果こんな感じで記載すればいいようです。

 

1.登記の原因となる事実又は法律行為
(1)乙は、甲に対し、平成20年2月22日、本件不動産を寄附し、甲がこれを受諾した。
(2)よって、本件不動産の所有権は、同日、乙から甲に移転した。

 

 結局、贈与と同じように「寄附の意思表示があったこと」と「もらう側が受諾した」という2つの要件が満たされていればいいようです。

 

 ちなみに、登録免許税率は1000分の20です。また、登記原因は「年月日寄附」となります。ご注意下さい。

本会常設相談会地元会場の担当

 今日は本会の常設相談会地元会場の担当でした。今回は午前1組、午後1組の計2組で相続や贈与などに関する相談でした。

 

 どちらとも税金関係がからんできそうだったので、税理士さんも相談することを勧めました。特に、午後の相続の相談は相続税がかかりそうだったので税理士さんに相談して欲しい旨、回答しました。

 

 同じ支部の先生と一緒に相談を受けましたが、他の方の相談への対応を見ていると得るものがありますね。今回の話の切り出し方や展開の仕方などなど参考になりました。毎回同じことを言っている気がしますが、他の方の対応を間近で見るだけでも勉強になりますね。

任務完了した後見案件の書類整理

 お盆休み前に、すでに任務完了した後見案件の書類を整理しました。バラバラになっていた書類を案件ごとに綴るなどした上で箱に入れ直しました。

 

 今までに11件受託し、4件継続、7件任務終了しています。7件中6件は後見制度支援信託契約手続のためにスポット選任され、残る1件は相続などの手続完了後、最終的に後見制度支援信託契約手続をして親族に引き継いだ件になります。

 

 ちなみに、後見制度支援信託契約手続だけでなく相続手続などもあった件は3件、あとの4件は後見制度支援信託契約手続だけでしたね。そのうち1件は親族後見人さんの希望で信託銀行3行に分散する形で契約しましたね。

 

 今は後見制度支援信託契約手続のためのスポット選任案件はなくなりました。でも、今思うと、スポット案件であっても案件ごとに事情が異なっていたので、良い経験をさせてもらったと思います。

時効取得訴訟と相続

 以前、相続人が20名以上いる相続登記後に売買による所有権移転登記をしたい旨の相談を受けたことがあります。その時は、買主さんを原告とし相続人全員を被告として時効取得訴訟を提起し、その勝訴判決をもって時効取得による所有権移転登記をする旨を回答しました。このケースにつき、登記研究に以下の質疑応答がありました。

 

1.占有の開始時(取得時効の起算点)よりも前に開始した原所有者の相続については、時効取得による所有権移転登記の前提として相続登記をする必要がある。なお、この相続登記は勝訴判決を代位原因証明情報として原告が代位申請することになる。また、この相続登記は、時効起算日前に発生している相続についてのみで足りる。(登記研究第455号89頁)

 

2.占有の開始時(取得時効の起算点)よりも後に開始した原所有者の相続については、相続登記をしる必要はなく、相続人による登記を申請することができる。この場合の申請人の表示は「義務者 亡A 相続人B」である。(登記研究第401号161頁)

 

 このケースは、上記質疑応答の1に当てはまるものなので「相続による所有権移転登記」と「時効取得による所有権移転登記」を連件で申請することになります。時効取得の登記原因年月日は「占有の開始時(取得時効の起算点)」なので、時系列順に並べれば当然ですね。

後見デー続きのお盆休み

  今年のお盆休み中の業務は「後見業務で始まり後見業務で締める」と言っても良さそうです。具体的にはこんな感じでした。

 

・10日(土):後見人さんの自宅の換気、相続手続で使う登記事項証明書を信託銀行に発送。

・11日(日):親族後見人さんとの打ち合わせ

・13日(火):親族後見人さんとと共に市役所で福祉関係の手続、裁判所&病院への報告。

・16日(金):被後見人さんの入院費用支払い及び面会、今月受託した件につき病院の担当者との電話打ち合わせ。

・18日(日):今月受託した件につき19日(月)の引き継ぎ等のために仙台に前泊

 

 こうやって振り返ってみると、現在受託している3件とも動きがあった上に、今月受託した件につき準備を進めていった今年のお盆休みだったと思います。まあ、この時期はまとまった時間を確保しやすいので、検討を要する案件についてはこういう時に進めていくのもやり方の1つかもしれませんね。

 

 休み明けの来週からは今月受託した件に関する諸手続等を進めていこうと思います。