とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

新たな案件

 先日、久々に新たな案件の話がありました。審判確定前なので詳細は伏せますが、親族との権限分掌でスポット案件のようです。法律手続が終われば親族後見人さんに引き継いで任務完了です。

 

 先日の最高裁の判断で、今後は主に親族が後見人に選任されることになる旨が示されましたが、今回のように法律手続が絡む場合は親族とともに専門職がスポットで選任され、手続が終われば任務完了というパターンが多くなりそうですね。そう、後見制度支援信託契約手続のために専門職がスポットで選任されるのと同じパターンですね。