とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

多様化するお客さんとの連絡方法

 お客さんとは事務所の電話もしくは携帯電話で連絡を取ることが多いです。ただ、場合によっては、説明書をFAXで送ったりパソコンや携帯のメール、LINEで連絡を取り合うこともあります。

 

 特に、口頭での説明だけでは不十分だと感じる時は、資料や説明書きを添付してメールで連絡することもあります。また、ちょっとした連絡や画像で確認してもらいたい場合には携帯のメールもしくはLINEで連絡をすることもあります。

 

 まあ、FAXやメール、LINEだと送信先を間違えてしまうと大変マズイので、送信先が間違っていないかどうかきっちり確認する必要があります。

 

 連絡方法もこのような感じで多様化しつつあります。便利になりつつありますが使い方を誤ると信頼関係に悪影響を与えかねないので、メールやLINEなどで連絡を取り合う等する場合は注意が必要だと思います。