とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

家庭裁判所において調停前置主義が適用される事件

 家事事件は原則として先に調停をしてから審判という調停前置主義が適用されているかと思ってましたが、実はそうではありませんでした。調停前置主義が適用されるのは以下の事件です。(家事事件手続法の257条1項、244条)

 

・婚姻や協議離婚の無効確認または取消し

・認知・嫡出否認

・離婚

・離縁

 

 実は、遺産分割については調停前置主義が適用されないので、先に遺産分割調停をせずにいきなり遺産分割審判の申立をすることも可能なのです。

 

 ただ、家事事件は「なるべく第三者が関わった話し合いの場で解決するのが望ましい」というスタンスなので、遺産分割審判申立をしても裁判所の職権で調停に回してしまうことがあるようです。

 

 確かに、家事事件は話し合いで解決できるのであれば、それに越したことはないものが多いですしね。