とある司法書士の戯れ言

KIKURINGの司法書士ライフと日常

所有権保存登記の委任日について

 時々疑問に思うのは所有権保存登記の委任日です。まあ、委任日は依頼者から記名押印していただいた日になるのが先決ですが、委任日の範囲もあると思います。

 

 建物所有権保存登記については下記の3つのうちいずれか以降の日付になると思います。

 

1.建物新築年月日以降

2.建物表題登記申請日以降

3.登記簿に新築年月日の下に記載されている建物表題登記日以降

 

 個人的には2の建物表題登記申請日以降の日であれば問題はないかなと思います。建物表題登記申請日以降であれば、建物の所在地番及び家屋番号が分かっていることがほとんどだからです。ただ、1だと建物表題登記前なので建物の所在地番及び家屋番号が分からないので、建物表題登記手続の委任日になり得ても、所有権保存登記の委任事項のうち建物所在地番及び家屋番号を記入できないのでマズイ気がします。

 

 ちなみに、国有地などの払下げによる土地の所有権保存登記の委任日についてはどうでしょうか?

 

1.対象土地の売買契約日以降

2.土地表題登記申請日以降

3.登記簿に記載されている土地表題登記日以降

 

 個人的には1及び2の時点では登記簿上の土地の地番が確定していないため、3の土地の表題登記日以降だと考えます。このことは、土地の分筆後に相続や売買などによる所有権移転登記をする場合にも当てはまると思います。

 

 これはあくまでもワシの私見なので、参考程度にとどめておいて下さい。