とある司法書士の戯れ言

言いたい放題書き放題

登記完了後の登記識別情報の納品方法

 所有権移転登記や担保権設定登記完了後に登記識別情報が発行されます。担保権設定登記の場合は担保権設定契約書及び登記完了証と一緒に金融機関に納品します。

 

 所有権移転登記の場合には、原則として注意書き及び申請書の写し、登記完了証と合綴して表紙をつけて依頼者に渡すようにしています。ただ、発行された登記識別情報の枚数が多い時は、近くのホームセンターでクリアファイルを購入し、クリアファイルに注意書き及び申請書の写し、登記完了証と一緒に入れるようにしています。

 

 登記識別情報の枚数が多い時とありますが、昔のA4版だった場合は、10枚を超えると表紙をつけたらホチキスの針が潰れてしまいました。ただ、現在のA4用紙の折り込み版だと8枚くらいでホチキスの針が潰れてしまうため8枚を超えそうな場合はクリアファイルに封入するようにしてます。

 

 中には大型のホチキスで綴じる方がいますが、針が太いので外すのが大変です。そのため、枚数が多い時はクリアファイルに封入した方が、後で使う時の使い勝手が良いかなと思います。